DiG TRiP, Inc.

主に長野県内にて空撮用のドローンを使った写真・動画撮影や
建設現場における定点観測等を行っております。

ドローン規制の改正航空法が2015年12月10日に施行されました。

これにより、ドローンを飛行させるには国土交通大臣や、場合により各空港事務所それぞれにあらかじめ許可を受ける必要があります。(許可が必要のない空域もあります)
詳しくは、よくある質問の中の「撮影にあたって許可を取る必要はありますか?」も
併せてご覧ください。

弊社はすでに、日本全域にて国土交通省より「包括許可」を取得しておりますので、
急な空撮案件にも対応いたします。
詳しくは下記フォームまでお問い合わせください。

主なご利用シーン

施設の外観撮影

施設情報などのビジネスホームページや会社案内、住宅などの不動産広告など

観光地プロモーション

各地観光地における周辺環境写真、アクティビティなど


各種イベント

結婚式PV・人文字・学校行事・卒業アルバム・運動会・お祭りなど

太陽光パネル撮影

大型太陽光パネルを搭載した企業全景写真及び点検など


点検・調査の記録

インフラの点検・調査・災害現場の復興状況記録写真など

建設現場における
定点観測


ご利用料金

静止画撮影

ショートプラン

当日打合せ(約30分)
3カット(10分程度)
離陸地点1箇所まで
32,000円(税別)〜

ロングプラン

当日打合せ(約30分)
3〜8カット(約30分程度)
離陸地点1箇所まで
50,000円(税別)〜

動画撮影

ショートプラン

当日打合せ(約30分)
1フライト(10分程度)
離陸地点1箇所
55,000円(税別)〜

ロングプラン

当日打合せ(約30分)
3フライト(30分程度)
離陸地点1箇所
82,000円(税別)〜

※必要とされる技術レベルやリスクに応じて金額は異なってまいります。
(飛行場所の条件にもよりますが、おおよそ10〜30%増の範囲)
※料金につきましては、予告なく変更することがございます。

ご注文の流れ

STEP

1

お問合せ

空撮ご希望の方は、お気軽にメールもしくはお電話にてお問い合わせください。

STEP

2

打ち合わせ

ご希望の内容、場所、日時などについて、詳細のお打合せを行います。

STEP

3

撮影現場下見

ドローンを飛ばせる環境にあるのかどうか、事前に下見を行います。この際、万が一安全を確保できない等の理由でドローンを飛ばせない場合は、この時点でお断りをさせていただくか、別の場所・方法をご提案いたします。

STEP

4

撮影

ご希望日時に撮影を行います。できる限り、撮影には同行をお願いいたします。(悪天候の場合は延期させていただきます。)

STEP

5

納品

撮影終了後、ノートPCにて画像及び動画を確認いただきます。
その後データをお客様へお渡しします。
弊社ファイル転送サービスでのデータ送信もしくはディスクメディアでの納品となります。その他の納品形態をご希望のお客様はご相談ください。

STEP

1

お問合せ

空撮ご希望の方は、お気軽にメールもしくはお電話にてお問い合わせください。

お問合せフォーム

空撮(動画・静止画)に関して、ご不明な点やご心配な点がございましたら
ご遠慮無くお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。

よくある質問

Q
デモフライトをお願いしたいのですが費用は発生しますか?
A
撮影料金に含んでおります。ロケハン時(別途見積り)に条件が合えばデモフライトを行うことは可能です。詳しくはお問合せください。
Q
川・河川・海岸・海上の空撮をお願いすることはできますか?
A
風の強さや飛行ルートなどの諸条件により、弊社が危険だと判断した場合はお断りすることがございます。
Q
室内での撮影は可能ですか?
A
十分な飛行スペースが確保できる場合は可能ですが、様々なリスク等もあるため、ご相談させてください。
Q
悪天候や雨天の場合のキャンセルはどのようになりますか?
A
お客様のご都合によるキャンセルの場合は時期に応じたキャンセル料をいただきますが、天候によるキャンセルにつきましてはキャンセル料は頂戴いたしません。ただし、それまでにロケハンや現地移動などの弊社実働分につきましては実費請求させていただきます。
Q
人口密集地及び都市中心部の撮影は可能ですか?
A
自治体による規制や撮影許可などをクリアしていることが前提ではありますが、安全性が確保できない場合はお断りすることがございます。
Q
撮影した動画及び画像の加工編集もお願いできますか?
A
可能です。別途お見積もりいたします。
Q
撮影した画像・映像の権利は?
A
基本的に著作権は当社に帰属しますが、著作権委譲等のご要望がある場合はご相談ください。
Q
賠償責任保険に加入していますか?
A
対人1億円・対物1億円の賠償責任保険に加入しております。
また、万が一、撮影現場にて墜落事故等あった場合、責任者様も同等の責任問題が発生する場合がございます。何卒ご理解くださいませ。
Q
1回のフライトでどのくらい撮影できますか?
A
内容にもよりますが、1回のフライトつき約10分程度の飛行が可能です。
離着陸の時間も含みますので、実際の撮影時間はもう少し短くなる場合があります。
Q
撮影にあたって許可を取る必要はありますか?
A

ドローン規制の改正航空法が2015年12月10日に施行されました。
これにより、ドローンを飛行させるには国土交通大臣や、場合により各空港事務所それぞれにあらかじめ許可を受ける必要があります。
弊社では日本全域にて国土交通省より「包括許可」を取得しております。
こちらの包括許可により、特定の条件下でドローン撮影をする場合には申請の必要がなくなりました。

しかしながら国土交通省への許可申請の他に、所轄警察へ届け出る道路使用許可やそのエリアを所有または管理している方達からの許可は必要となりますので、事前の確認をお願いしております。

お願い事項

  • 当社では飛行前後にドローン本体及び操作機器の入念チェック及び、ドローンに関するプログラムのアップデートもこまめに行っております。しかし、ドローンの性能上、100%落下しないという確証はございません。この点を、何卒ご理解頂きたく存じます。
  • 風速5m以上、またはこちらで悪天候と判断させていただいた場合、撮影を行えない可能性があります。その場合は、日程を改めていただきます。場合によっては日程変更の追加料金が発生いたします。また、撮影遅延による損害などについては弊社では責任を負えませんのでご了承ください。
  • 弊社では航空法・電波法などの各種法令遵守のもと、撮影を進めてまいります。住宅密集地、高圧線のある場所での撮影は、内容によりましてお断りさせていただく事がございます。あらかじめご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。
  • 撮影当日は、依頼主様も必ずお立ち合いくださいますようお願い致します。
  • 撮影機器の故障・事故等により撮影が不可能になった場合、撮影料金の全額返済をもって全ての賠償責任を果たしたものとします。

会社概要

社名 株式会社DIG TRIP
本社所在地 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村9713番地8
長野営業所 〒396-0026 長野県伊那市西町4881-11 春日ビル3F
設立 2015年12月
資本金 3,000,000円
代表取締役 大木大輔
取締役 佐藤駿
TEL 050-5319-9596
事業内容 ドローン空撮事業
メディア運営事業:ハンドスピナー総合メディアサイト【Hand Spinner Tricks

設立 2015年12月